「夏のトモタケ展」を終えて

大阪、福岡、東京と続いた「夏のトモタケ展」も無事終了致しました。会期中は多くのお客様、お取引先様にご来場頂き、誠に有難うございました。
トモタケとして夫婦で活動を始めて今年で13年が経ちました。今回の展示会を通して、改めて、ご支援下さっている方々に深く感謝の気持ちを覚えると共に、これからの課題も感じ取ることができました。
これからも皆様に喜んで頂ける物作りをゆっくりではありますが、続けていきたいと思います。引き続き変わらぬご支援をどうぞ宜しくお願い致します。
※今回販売したアイテムの一部を私共のウエブサイトからご購入頂ける様準備しております。ネットショップオープンまで今暫くお待ちくださいませ。
画像:トモタケの布切り絵/オオデマリM

Tomotake

"トモタケ"とは、布を主な素材として作家活動をしている朝武雅裕とデザイナーである朝武広子の夫婦が一緒にものづくりをしている時の名称です。布を染めたり刺繍をしたり、それらが色々なものに形を変えて様々なシーンにとけ込んでいく様子を楽しみながら作っています。

0コメント

  • 1000 / 1000